『Beppe Loda来日公演!』

大阪アメリカ村のUSED&SELECT RECORD SHOP「rare groove」の新着商品、パーティーインフォメーションなどをお知らせしております
2016/02/23(火)

160312visitors.jpg
イタリアの至宝Beppe Lodaがいよいよ再来日を果たします!

彼なくして、イタリアのディスコシーンを語ることは出来ないと言われ、イタリアの音楽シーンは勿論、Larry LevanやDavid Mancusoにも影響を与え、DISCO、COSMIC、HOUSEファンのみならず、熱心なDISCOレコード・ファンにとっても伝説のみが語り継がれ、幻の存在となりつつあったBeppe Lodaが初来日を果たしたのが3年前。
日本においてのこの10数年で発見、認知され、瞬く間にムーブメントとなった"AFRO COSMIC"、"COSMIC"。*(Beppe Lodaはじめイタリア国内では"AFRO"styleと呼んでいる)。
その聖地として語り継がれる80年代に存在したイタリアの名門クラブ『TYPHOON』『COSMIC』のレジデンツとして君臨し、ムーヴメントを興したのもBeppe Lodaである。
あらゆるジャンルの音源をミックスする実験的かつエンターテイメント性に富んだBeppe LodaのDJスタイルが、現在もなお進化していることを初来日時に驚きのプレイをもって見せつけた。
それは、未開拓の領域のDISCO音源で音楽愛好家からレコードバイヤー達をも唸らせ、それらを旬なスタイルにEDITした楽曲でパーティーピープルを熱狂させるという非常にクリエイティブなものであった。
10年後、20年後、その先でも語り継がれるであろう伝説Beppe Lodda来日の瞬間を記憶にとどめながら、世界最高峰のプレイを楽しんでいただきたい。

12654410_555079267999815_6088264422350374503_n.jpg
【Beppe Loda】
80年代イタリアの名門クラブ『Typhoon』『Cosmic』両クラブのレジデンツとして君臨し、”Afro” “Cosmic”ムーヴメントを興した中心人物である。
Afro Musicにシンセサイザー、サイケデリックを融合させ、新たなジャンルへと進化させる彼独自のDJスタイルは、故Larry LevanやDavid Mancusoなどに多大な影響を与え、DJ Harveyなどのアーティスト達からも支持されている。
1973年、DJとしてのキァリアをスタートする。
当初はRockミュージックをプレイしていたが、すぐに当時流行っていたFunk, Discoをプレイするようになり、その後African origin, Fusion, Jazz, Brazilian, Funk,Blaxploitation, Percussionといった異なるジャンルを織り交ぜる独自のDJスタイルを確立していく。
1980年、彼にブレークスルーの機会が訪れる。
『Cosmic』と同じく、今も尚語り継がれるイタリアの伝説的クラブ『Typhoon』でレジデントを務めることになった。
『Typhoon』にはイタリアだけではなく、ドイツ、オーストリアからもエキサイティングな音楽を求めるクラウド達が押し寄せ、最も魅力的なクラブとしてヨーロッパ中にその噂が広がり、毎週末には400人のキャパシティーのクラブの外には3000-4000人もの人々が列をなしていた。
その 『Typhoon』では毎週末土曜日に加え、月に一度だけ月曜日に”Non-Stop-Music”というタイトルで、当時イタリアで全盛期だったDiscoやFunkに、ドイツ産電子音楽、New Wave、Industrial Music等を織り交ぜる実験的なプレイを行っていた。
非常に遅いBPMでスタートし、アフロセントリック・サウンドに徐々に移行していく。また、ターンテーブルには+/-20%ものピッチ調節を可能にするMicro Seiki DQX 1000を使用し、当時一般的であった+/- 8%のターンテーブルでは到底Mixする事が出来ない曲同士をもスムーズにMixしていたという。
『Typhoon』は84年にクローズするが、その理由は400人のキャパシティーのクラブに毎週3000人近いお客さんが訪れるというプレッシャーに絶えきれない、というものだった。
最終日には1万人ものファンが押し寄せ、皆、伝説的なクラブに敬意を払いお金を置いていったという。
現在もBeppe Lodaはヨーロッパ、アメリカをはじめ世界各地に招聘されプレイする多忙な日々を送っている。
今日も彼はレアなレコードを探し続け、それは彼にとって原動力ともなっている。
Italian DJ Beppe Loda, pioneer of DJ culture and resident at legendary disco club "Typhoon" and "Cosmic".
Beppe Loda has developed his own mix-style which is revolutionary and historically important.
His "Afro"style (also called as "Afro cosmic" or "Cosmic") extracts Afro-rooted elements from beats / rhythm and enable various types of music to be mixed with a high danceability.
He produced in excess of 200 mix tapes and pioneering the Italo synth sound with his MC1 project.
His obscure disco vinyl collection is huge and he has lots of own private disco re-edit track.
Some of his private re-edit track was released by new label last year.
The release surprised many DJs and music lovers all over the world.
12717764_555079311333144_7551217609467604834_n.jpg
12717176_555081277999614_1898607661834945124_n.jpg
12715481_555079397999802_87.jpg
12662461_555079574666451_67.jpg
12661865_555081294666279_1474111281055950295_n.jpg
12651263_555079344666474_464306487337687289_n.jpg
12650801_555081254666283_6716228032947988499_n.jpg
12647236_555080104666398_75.jpg


『Typhoon - Portrait Of The Electronic Years』
DSC04056.jpg
DSC04057.jpg
DSC04058.jpg
DSC04059.jpg
DSC04060.jpg
Beppe Loda監修による2008年リリースのコンピレーション。
レジデントを務めていたイタリアの伝説のクラブTyphoonでプレイしていたナンバーを中心にピックアップ。
CDそして、LP2枚組み仕様でリリースされ、ジャケットの内部に掲載されたTyphoonの様子やフライヤーの写真に当時とても興奮しました。
【収録曲】
Tones On Tail / Lions


Thomas Leer / Saving Grace


MC1 / Basic - Beppe Loda RMX


Polyphonic Size / On The Way To Medora


Duncan Mackay / Sirius III Mark II


Chris & Cosey / Driving Blind


Craig Leon / Donkeys Bearing Cups


Sirius / Uranium (B. Loda RMX)

Crash Course In Science / Flying Turns


Modern English / Life In The Gladhouse


Kevin Harrison / Views Of The Rhine


Egotrya / Volcano (B.Loda Elettro Monster Version)


Ralph Lundsten / Discophrenia


Egotrya / Typhoon (B.Loda Version)

この様な曲を縦横無尽にMIXしながら何千人ものパーティーピープルをダンスさせていたとは、とても興奮しますね!


近年のリミックス、秘蔵のリエディット作品もとても素晴らしいです!

Beppe Loda ‎- Mondo Virtuale (Mushrooms Project Virtua Tropik Remix) (2013)


Andromeda - Andromeda (Beppe Loda Remix) (2015)


Beppe Loda ‎– Obscure Cuts (2015)


Beppe Loda ‎– Obscure Cuts II - Italian Arabic Disco (2015)


そして、数多くのDJ、ディガー達がトラックリストをチェックしまくったMIXの数々
















彼の音楽性の幅広さと実験的なプレイによる無限の可能性を秘めたDJスタイルにダンスミュージックの醍醐味を感じます。
是非、3月12日のtroopcafeで彼の現在進行形のDJプレイを体感して下さい!
160312visitors.jpg
2016.03.12.sat Kobe@troopcafe
23:00 START
Door MB ¥3,000(w/1D) Foreigner& Student MB ¥2,000(w/1D) 先行メール予約04/20まで¥2,000(w/1D)Mail Reservation ¥2,500(w/1D)

Special guest DJ:
Beppe Loda(Typhoon from Italy)

DJ:
Masafumi Ohnishi
Norio
Yoshio

Ticket infomation
Door \3,000(w/1D)
Mail Resevation \2500(w/1D)
Foreigner \2,000(w/1D)
U-23 \1,500(w/1D)

http://troopcafe.jp/music-program/474

Info:
troop cafe
2-11-5Kitanagasa-dori
Chuo-ku,Kobe-city,Hyogo
650-0012,Japan
TEL (+81) 78-321-3130
http://troopcafe.jp/

********************************************************************************************************

WEB SHOP ⇒http://www.raregroove.jp/ Here!
当店「rare groove」は大阪心斎橋アメリカ村にて営業しております USED RECORD SHOP です。
新たなる発見と非ダンスミュージックのダンスミュージック化をテーマにジャンルレスなレコードを取り揃えております。
店頭では試聴もごゆっくりして頂けますので、アメリカ村にお越しの際は是非当店までお立ち寄り下さいませ!



スポンサーサイト
この記事へのコメント
URL:
Comment:
Pass:   
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック

 | Copyright © 大阪 アメリカ村 レコード・ショップ rare groove ショップ ブログ All rights reserved. | 

 / Template by パソコン 初心者ガイド