『MORE PARADISE feat. BEPPE LODA』

大阪アメリカ村のUSED&SELECT RECORD SHOP「rare groove」の新着商品、パーティーインフォメーションなどをお知らせしております
2017/05/07(日)
170520beppeloda.jpg
2017.05.20.SAT Kitakyusyu@DJ BAR HIVE
22:00 START
23歳以下 ¥1500 1d order
前売り ¥2500 1d order
with フライヤー ¥3000 1d order
当日 ¥3500 1d order

SPECIAL GUEST DJ

BEPPE LODA (from ITALY)

DJ
SEIJI
YOSHIO
KENTA
mm

Staff
YUUKI


Beppe Loda
【Beppe Loda】
80年代にイタリアの名門クラブ『Typhoon』『Cosmic』両クラブのレジデンツとして君臨し、”Afro” “Cosmic”ムーヴメントを興した中心人物である。
Afro Musicにシンセサイザー、サイケデリックを融合させ、新たなジャンルへと進化させる彼独自のDJスタイルは、Larry LevanやDavid Mancusoなどに多大な影響を与え、DJ Harveyなどの現在第一線で活躍するのアーティスト達からも今なお支持されている。
1973年にDJとしてのキァリアをスタートしたBeppe Lodaは、『Typhoon』以外にも『Cosmic』『Kinky Club』『Bisbi』『Good Moon』などの当時イタリアの最先端のクラブでもプレイしていた。
当初の彼のプレイスタイルは、Rockミュージック中心であったが、すぐに当時流行していたFunk, Discoミュージックなどをプレイするようになり、その後African, Fusion, Jazz, Brazilianといった異なるジャンルを織り交ぜる独自のDJスタイルを確立していく。
そして、1980年には、『Cosmic』と同じく、今も尚語り継がれるイタリアの伝説的クラブ『Typhoon』でレジデントを務めるというブレークスルーの機会が訪れた。
その『Typhoon』で行った彼独自のミックススタイル"Afro"スタイル (現在では "Afro cosmic" または"Cosmic"と呼ばれる) が、世界中の注目を集めることになっただ。
『Typhoon』には、イタリアだけではなく、ドイツ、オーストリアからもエキサイティングな音楽を求めるクラウド達が大勢押し寄せた。
そして、最も魅力的なクラブとしてヨーロッパ中にその噂が広がり、毎週末には400人のキャパシティーのクラブの外には3000-4000人もの人々が列をなしていた。
『Typhoon』では、毎週末土曜日に加え、月に一度だけ月曜日に”Non-Stop-Music”というタイトルで、当時イタリアで全盛期を迎えていたDiscoやFunkミュージックに、ドイツ産電子音楽、New Wave、Industrialミュージックなどを織り交ぜる実験的なプレイをBeppe Lodaは行っていた。
そのプレイスタイルは、非常に遅いBPMでスタートし、アフロセントリック・サウンドに徐々に移行していく。また、ターンテーブルには+/-20%ものピッチ調節を可能にするMicro Seiki DQX 1000を使用し、当時一般的であった+/- 8%のターンテーブルでは到底Mixする事が出来ない曲同士をもスムーズにMixしていたという。
『Typhoon』は84年にクローズするが、その理由は400人のキャパシティーのクラブに毎週3000人近いお客さんが訪れるというプレッシャーに絶えきれない、というものだった。最終日には、約1万人ものファン達が押し寄せ、皆、伝説的なクラブに敬意を払いお金を置いていったという。
また、彼はプロデューサーとしても成功を収めており、1984年にリリースされた自らのプロジェクトMC1による”Basic”はTOP DJ達にこぞってプレイされ、イタロ・ディスコを象徴する1曲として知られている。オリジナル・リリースから約20年後の2006年にリリースされたリイシュー盤でさえも時代を超えて世界のレコード・チャートのTOPを飾った。
1990年代初頭にリリースされた”Typhoon Music Machine”シリーズは、Afro Cosmicの聖典として、さらには後のリエディット・シーンの礎を築いた重要なシリーズとして語られている。
また、2008年にリリースされたコンピレーション”Typhoon - Portrait Of The Electronic Years”は世界中で爆発的ヒットとなり、ダンスミュージックの常識を破壊する多様な選曲はAfro Cosmicシーンの再燃を決定づけた。
近年は、欧米の新興レーベルからのオファーが絶えず、長年に渡ってハード・ディガーとして君臨し続ける 彼ならではの未知の音源を元にしたリエディット作品をリリースしている。
また、2016年には、新興レーベル"Members"より、彼の所有する膨大な数のMix Tapeの中から究極の一枚がリマスターCD化され話題をさらった事は記憶に新しい。
現在もBeppe Lodaはヨーロッパはもとより、アジア、アメリカ、オセアニアをはじめ世界各地に招聘されプレイする多忙な日々を送っている。
2016年の『Dekmantel Selectors』、2017年の『Sugar Mountain』での強烈なプレイは映像を通して全世界に配信され、Beppe Lodaのオリジナリティ溢れるプレイの凄まじさを改めて示した。
今日も彼はレアなレコードを探し続け、それは彼にとって原動力ともなっている。

前売りチケットの問い合わせ
各DJ & STAFF

DJ BAR HIVE
http://djbarhivekokura.tumblr.com/
hivekokura@gmail.com
福岡県 北九州市小倉北区古船場町2-10 ターウィンビル 205号


********************************************************************************************************

WEB SHOP ⇒http://www.raregroove.jp/ Here!
当店「rare groove」は大阪心斎橋アメリカ村にて営業しております USED RECORD SHOP です。
新たなる発見と非ダンスミュージックのダンスミュージック化をテーマにジャンルレスなレコードを取り揃えております。
店頭では試聴もごゆっくりして頂けますので、アメリカ村にお越しの際は是非当店までお立ち寄り下さいませ!



スポンサーサイト
この記事へのコメント
URL:
Comment:
Pass:   
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック

 | Copyright © 大阪 アメリカ村 レコード・ショップ rare groove ショップ ブログ All rights reserved. | 

 / Template by パソコン 初心者ガイド